PAULのケーキたち


大丸の地下でうろうろしていたら、
PAULがあったので、久しぶりにタルトレットショコラとミルフィーユを購入。

昔、このケーキを作っていた頃は、今より一回りほど若くて、
毎日といっていい程試食していたので、買うこともなかった。

且つ、割とコスパがいいもので、易々と買えなかった 笑
まあ、懐かしくも思えてきたので、購入。

家に帰って、ティータイム。

あれ?ミルフィーユこんなんだったかな?
クレームパティシエールこんなんだった?あれ?
ショコラの口溶け、懐かしい。

このころ、何してたっけ?
富士山登ったな。
海外滞在する前だったな。

等、蘊蓄いいながら食す。

忘れてることと思い出すこと。
味がどうこうっていうのは、
実際作っていたからあるけども 笑、

これを食べたときの
よき思い出のリマインドと
今現在のほっこりさせてくれるいい思い。

ケーキ作ってる時は、
喜んで食べてもらいたいって思いながら作っていたけど。

作ることが好きなのは、
今も変わってない気がする。

ものやかたちは変わったとしても。